スポンサードリンク



こんにちは。sinyです。

この記事では、PowerAppsのギャラリーで特定のレコードを選択した場合に選択されたレコードの背景色を変更する方法をまとめました。

以下のような設定を簡単に行うことができます。

 

事前準備

データソースは何でもいいですが、今回は以下のようなSharePointリスト(購買申請)を事前に準備しておくものとします。

空のキャンバスからアプリを作成します。

データソースのコネクタからデータソースとなるコネクタを接続しておきます。
今回の場合はSharepointから対象のリスト(購買申請)を接続しておきます。

挿入→ギャラリーから縦を選択します。(ギャラリーの種類はなんでもOKです)

プロパティのデータソースで接続先の名称を選びます。(今回は購買申請)
また、レイアウトから適宜好きなものを選択しておきます。

以上で事前準備は完了です。

選択時に色を変更する設定

Gallery1を選択した状態でTemplateFillプロパティを選び、以下の関数を設定します。

上記関数は、If(もし)ギャラリーが選択された場合(ThisItem.IsSelected)、CornflowerBlue色に設定する、そうでなければ(選択されてない場合)白色にするという設定です。

背景色を設定するプロパティとしては通常Fillプロパティを使いますが、FillプロパティではIf分を使って関数を定義することができません。

実際設定してみると分かりますが、以下のように「If(Thisまで記載するとThisItemが認識されません。

一方、TemplateFillプロパティでは以下のように「If(This」まで記載すると自動補完が働いて候補にThisItemsが表示されます。

 基本的に使いたい要素名の一部(ThisItemのThis)を入力した際に候補が自動表示されない場合はそのプロパティで利用できないか記載が誤っていると考えてよいと思います。

 

以上で、以下のように特定のレコードを選択した際に背景色が変わるようになります。

 

以上、「PowerAppsのギャラリー選択時に色を変える方法」でした。

おすすめの記事