スポンサードリンク



こんにちは。sinyです。

本記事ではWindows + proxy環境下においてpythonで効率良くpip installする方法について紹介します。

個人開発等ではあまり気にならないテーマですが、社内ネットワークで開発する場合には大抵Proxyを通さないとpip installできません。

その場合、単純にpip installコマンドに「--proxy」オプションをつけて以下のように実行すればOKです。

 

ただ、このやり方だとpip installするたびに「--proxy」オプションをつける必要があるため結構めんどくさい。

そんな時は、以下の設定をすれば普通にpip installするだけでインストールできるようになります。

まず、DOS画面を起動して以下のコマンドを実行します。

 

通常であれば以下のようなパスが表示されます。

C:\Users\<username>\AppData\Roaming

表示されたパスの直下にpipという名称のフォルダを作成します。
その後、さらにpipフォルダの下にpip.iniという名称でファイルを作成し、以下のエントリーを追記します。

 

以上で設定完了です。

後は、Proxy環境外のときと同じように単純にpip install <モジュール名>でインストールできるようになります。

わりと基本的なナレッジですが、知ってると便利です。

 

おすすめの記事